FC2ブログ

易占・葉芽(ふさめ)庵 -ただいま猛勉強中-

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【五行③】生かすも殺すも関係性!五行の生剋(しょうこく)  

こんにちは、うめうぐです。


このやろー!こんちきしょおー!
今頃、勢い増してきてパンチ!!!

鼻水ずるずる、くしゃみ連発、
花粉、どうにかしてーーー!って感じです。
(と、書いていた時期が花粉症の時期ってことですw)




さて、本日は五行シリーズ第3弾!

『生剋』でーーーす。



『なまかつ?』



さすがに「なま」とは読みませんでしたが、
気分的にはこんな感じです。


ご存じのとおり、
易は中国発祥の占い(考え方)ですので、
難解、読めない、意味わからない漢字の
オンパレードです。


実際の読みは「ショウコク」と読み、
「生」はそのまま生かすこと、
「剋」は殺すことを意味します。



さて、前回までのおさらいです。

五行とは、「すべての元となるもの」でしたよね。
私たちはそれらに囲まれて生きています。
そしてそれらがないと生きていけません。


さらにー、
人間は「道具(ツール)」を使わなければ
それらを生活に取り込むことができません。

木を燃料に火を燃やし、

火を燃やして灰が土に帰り、

土の中で何万年もかけて金属が生まれ、

金属の表面に水が生まれ(結露?)、

水は木を成長させる・・・



ん・・・?



んんんんん!?



おぉおおおお!!


生剋


そう、これこそ「五行の生」なのです!

何かがあって、何かが生まれるのです!

ちなみに上から、
木生火(もくしょうか)、
火生土(かしょうど)、
土生金(どしょうきん)、
金生水(きんしょうすい)、
水生木(すいしょうもく)
と読みます。




そうなると・・・
勘のいい方はもうお気づきですねにひひ



その反対が、「五行の剋」なのです!


木は土から養分を吸い取り(木剋土・もくこくど)、

土は水を濁らせ(土剋水・どこくすい)、

水は火を消し(水剋火・すいこくか)、

火は金属を溶かし(火剋金・かこくきん)、

金属は木を切り倒す(金剋木・きんこくもく)。





ということで、

五行は
何かが何かに強くて、
何かが何かに弱い

という相関関係があるってことです。




以前の記事で
私は五行の「水」に関わりが多い
という話をしたのですが、

昔、自然消滅した男性をふっと思い出し、
干支だけですが調べてみました。



彼の干支は火の人でした・・・
(水剋火)

た、たまたまですよ❗️たまたま❗️





よーし、覚えたぞ!
(うろだけど・・・)



ということで、

第一シリーズ、『五行』完結です!


みなさん❗️ついていってますか❓❗️
(私が脳みそちぎれそう❗️)




さて次回は、十二支(予定)でーす。

お楽しみに!
スポンサーサイト

category: 基本:五行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

最新記事

おすすめ図書

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。